仕事も家事も育児もHAPPYに!ワーク・ライフ・バランスの実現

ワーキングマザーの3人が、
ママとしての働き方、家庭との両立について語ります

  • 2009年入社
    業務部
    K. M
  • 2002年入社
    経理部
    H. Y
  • 2002年入社
    総務部
    Y. M

-出産後も正社員として働く、いわゆる「ワーキングマザー」の3名にお集まりいただきました。さて率直に聞きますが、みなさんにとって当社は働きやすいですか?

全員:そう思います!

-お母さんたちからの太鼓判 (笑)!

K:働いているママさんが多く、長く続けやすい環境が整っていると思います。

H:ほんとそうだよね!長く働きたいと考える女性には働きやすいと思う。

Y:私が入社したころに比べてママさんは断然増えたし、独身時代も働きやすいって思いましたけど、母になってよりそう思います。

-当初から復職しようと決めていたんですか?

Y:私が出産した当時は産休・育休制度を利用する方が少なく不安もありましたが、妊娠したら退職という考えはなかったので思い切って取得しました。

H:たしかに当時はそうでしたね。でも快く休暇を取らせていただいて、復職もしやすかったですね。

K:私も仕事は続けたいと思っていたので、復職に迷いはなかったですね。復職の時期が生後8ヶ月と小さかったので、復職時期が近付くにつれ「もう少し近くで成長を見ていきたい…」という気持ちが強くなりましたが、保育園で覚えてくることも多く後悔はしてないですね。

Y:立ったり歩いたりしゃべれるようになったり、0歳の成長ってめまぐるしいから、それをこの目で見たいと思うよね。一瞬一瞬を逃したくないっていう。

K:そうなんですよね。それでも後悔していないのは、仕事にやりがいを感じていたのも大きかったと思いますね。

-成長を見守りたいのと働かなければという気持ちの間で葛藤しながら復職されたわけですね。妊娠中や復職後の周りの理解はどうでしたか?

H:妊娠中は体調を気遣ってくれて、外出の際は担当を代わってもらいました。今は時短勤務で働いていて、打合せ中でも上司や同僚が私の退社時刻を気遣ってくれます。

Y:ほんと、上司や同僚のフォローってありがたいですよね。妊娠中から現在に至るまで子供の体調の心配もしてくれたり、無理はさせないようにと気をつかっていただいています。

K:「○○やっておこうか?」っていう声掛けがなんと心強いことか…!本当に感謝です。私の仕事は外回りが多かったので、妊娠初期の段階で上司に相談し、外出や残業を減らすなど考慮してもらいました。

-復職してみてどうですか?不安はありましたか?

Y:最初は不安でしたね。一日中子供につきっきりだったうえに、約1年近くブランクがあって「大丈夫かな、私…」って。

H:そうだよね。今でこそ昔より手はかからなくなったけど、理想通りにいくのか、生活のリズムをどうするのか、不安がいっぱいだったな。

K:私も仕事と家事と育児のバランスがうまくつかめなくて、本当にやっていけるか不安でした。

-仕事と家庭の両立に対する不安が大きいんですね。

Y:そうですね。でも紆余屈折を経て、「あ、なんとかなってる!」って今は思います。家事を完璧にやろうとすると心に余裕がなくなっちゃうので、良い意味で適当に。「これぐらいでいいや」ってレベルでいることが大切かなって思います。

H:うん。完璧に両立するのは無理だよね。夜寝かしつけていたら自分まで寝ちゃって、気付いたら朝で家事は何もできなかった(笑)、なんて失敗を繰り返しながら自分のペースを掴んでいったよ。

K:自信を持って両立できてるとは言えないけど、なんとか頑張れていますよね!

-両立するために何か工夫していますか?

K:子供の食事はまだ大人のとは別のものを用意しているので、多めに作って冷凍したり、朝早く起きて準備していますね。あとはちょっとした買い物は昼休みを利用したり、調べ物は通勤時間にやったり、空き時間を使うようにしていますね。

Y:平日は、とにかく早く子供に食事をさせようと料理は簡単なものしか作っていません。家の掃除などは週末にしかしないようにしています。産後に保健師さんに言われた「部屋が汚くても死にはしない」という言葉を信じています(笑)。

H:うちも掃除は休日にまとめてしていますね。のんびりする時間はあまりないけど、気負いすぎず毎日楽しく過ごすようにしてるかな。主人にも手伝ってもらって家事は分担しています。

-仕事の変化はありましたか?

K:上司には「今までと同じ仕事がしたい」という希望を汲んでいただきました。産前はお客様に合わせて定時以降の業務もありましたが、復職後は社内での業務を増やしてもらうなど、短時間勤務内で全力で働いています。どうしても時間内にできない業務は周りの皆さんに代わっていただいています。業務がスムーズに引き継げるよう、他の人が困らずに状況を把握できるよう仕事をまとめるようになりました。

Y:お迎えの時間があるので、「今日はこの仕事が終わるまで頑張ろう!」ということができなくなってしまいました。忙しいときはゆったり考えるのも難しいので、今できることは何かを考えて優先したり、やるべきこと・やらなくていいことを区分けしたり、効率よく仕事するようになりました。子供の体調次第では長期間お休みするかもしれないことを念頭に置き、上司や同僚と仕事の進捗状況を共有したり、報告・連絡・相談をよりするようになりましたね。

H:私の場合は、復職後に仕事内容が大きく変わったことと、仕事と家庭の両立への不安がありました。でも、仕事量の負荷がかかりすぎないよう配慮してもらったり、周りにサポートしてもらったりすごく気遣っていただいているので、安心して働けています。新しいことを吸収し、仕事の幅を広げられたと思っています。

-なるほど。視点が変わって、仕事の仕方もより充実したものになっているようですね。今目標としていることを教えてください。

H:今の部署は在籍して4年たちますが、まだまだ専門的知識が浅いと感じます。貪欲に吸収する気持ちを持ち、セミナーも受講しながらステップアップしていきたいと思っています。

K:お客様相手に仕事しているので、確実な仕事をより心掛けたいと思っています。子供を持ったからこそ気遣えることも増えました。お客様に不手際がないのはもちろん、親切に丁寧に対応していきたいです。

Y:産後は新しく任せてもらえた仕事もあります。ただ、知識がなく調べるのに多くの時間を費やしてしまうことがあるので、資格を取ったり専門的な知識を増やして仕事に生かしていきたいですね。

-これからは女性が活躍する時代だと言われています。女性の活躍に期待し、会社をひっぱっていく存在になってほしいと思います!